2018年08月03日

10年〜20年後、約47%の人の仕事がなくなる!


 「10年〜20年後、約47%の人の仕事がなくなる」

少し前のことになりますが、オックスフォード大学のオズボーン准教授が、次のような大胆な予測を発表し大きな話題になりました。


この調査では、技術の進歩がめざましい勢いで進み、機械化や自動化によって、どのぐらい人間の仕事が奪われてしまうのか、ということが分析されています。


その結果、今後10年〜20年ほどで約47%の仕事が自動化されるリスクが高いという結論が出たのです。



 正直、この話をはじめて聞いた時は驚きました。しかし、最近のAIの進歩を見ていると、オズボーン准教授の予測が、もっと早く実現してしまうのではないかと心配しています。


自動車の自動運転化が進めば、タクシーやバス、そして長距離トラックなどの運転手は要らなくなってしまいます。全く恐ろしい事態が進んでいると言っていいのかもしれませんね。




 「このまま、この仕事をずっと続けていて、いいんだろうか?」


と誰もが不安を感じているのではないでしょうか?

たとえ、このような予測が当たったとしても、心配することはありません。

新たなビジネスがどんどん生まれていることを考えてください。
逆に言うと、このようにビジネスの環境が変化している時はチャンスなのです。


これから必要になる物がたくさんあるからです。



 それが、どのようなものなのか知りたい方は、
 今すぐ、下記サイトをご覧になってください。
きっと参考になると思うので・・・。

 こちらから、どうぞ!
  ↓
 http://directlink.jp/tracking/af/111576/BPaJQ7No/

posted by gonta at 11:40| top